フリーランスの普及はインターネットの存在も大きい

subpage01

海外に比べると日本は、フリーランスとして働く人の割合はまだまだ少ないです。

それでも、昔に比べればかなり増加傾向にありますし、今後もその割合は高くなっていくことでしょう。

さて、フリーランスが普及した要因は色々とありますが、その中でもインターネットの存在はかなり大きいと言えます。

昔は、どうしても働くスタイルが限定されていたので、かなりのスキルを持っている人でなければ、企業に属さず生計を立てることは難しかったのです。しかし今の時代は、インターネットを活用していろんなビジネスができるので、働き方も非常に多様化しているのです。
したがって、高度なスキルを持ち合わせていなくても、フリーランスとして活動することが可能なわけです。



もちろん、生計を立てられるレベルに活動するためには、それなりの知識やスキルは必要となります。

ただ、昔のように物凄くハードルが高いわけではありませんし、特別な才能を求められることも一切ないのです。何より、昔の日本は独立して働く人に対して、どうしても良いイメージを持たない傾向にあったのです。



でも今は、働くスタイルも多様化しているので、フリーランスだけに限らず偏見な目で見られることも少ないのです。そういったことも、フリーランスとして働く人を増やした要因の1つとなっているでしょう。



いくら環境が整っていても、世間がマイナスイメージを持ってしまうと、なかなか普及させるのは難しいですから、そこが昔との大きな違いと言えるのです。